年齢やお口の中の状況に応じた子供の歯科管理

最終更新: 14時間前

はじめに


こんにちは。小児矯正を通してお子様の健康を守りながら育むかわべ歯科です。


小児歯科や小児矯正では治療だけでなくお子様の成長を管理することが重要だと考えています。悪くなってから治療するのではなく、悪くならないための健康管理と成長サポートを事前に行い予防に必要があります


早期のお子様の健康管理と成長サポートが今後起こるかもしれないトラブルを未然に防ぎ、いざという時に早期に察知し対策や処置が可能です。


今回はお子様の歯の生えてくる状態と年齢に応じた歯科医院でのケア方法をまとめてみました。

1赤ちゃんが生まれたら(0ヶ月〜6ヶ月)


ご出産おめでとうございます。まずは親御様のお口の検診を受けていただくことをおすすめします。特にお母様の場合、妊娠中の女性ホルモンの影響と歯科医院への来院が今まで

制限されてきた関係で、お口の中の環境が大きく変わってしまっているため、久しぶりに検査すると思わぬ場所が虫歯や歯周病になっていることがあります。親御様の健康は赤ちゃんの健康を守る初めの一歩です。

①ご自宅でのケア→お口に触れてあげること コミュニケーションをとること

②歯科医院でのケア→親御様の歯科検診

2乳歯が生えてきた(6ヶ月〜3歳)


子供の歯は3歳頃までに揃ってきます。生えてくる順番は以下の通りです。定期検診をしながら歯が生えてくる度にホームケアの仕方等を詳しくお伝えしていきます。

①ご自宅でのケア→生えたての乳前歯はガーゼでケア 

         前歯が揃ったら歯ブラシを使ったケアをスタート

②当院でのサポート→親御様の歯科検診 お子様のアドバイス

3乳歯が揃った(3歳〜6歳)


この時期から大人の歯への生え変わりを目標にして、歯並びの管理を含めたお口全体の成長管理をしていきます。ブラッシングやフロスの使い方を通して虫歯や歯周病になりにくい習慣を身につけ、歯並びに影響するお口周りの習慣やクセなどを知っていただくことで歯並びやかみ合わせのトラブルを未然に防いでいきます。

①ご自宅でのケア→フロスを使う 予防処置

②当院でのサポート→定期検診でお口の健康管理 歯ブラシやフロスの選び方のアドバイス

4生え変わりが始まったら(6歳〜12歳)


健康で美しい大人の歯並びと咬み合わせを目指すための大切な時期です。6歳頃に奥歯が生えてきて、12歳をすぎると親知らずを除く全ての歯が永久歯に変わります(個人差はあります)。虫歯などの予防は歯科医院でのクリーニングやブラッシング指導で管理し、お子様自信がお口の中を自分自身でケアできるまでをサポートしていきます。

歯並びや咬み合わせについてはこの時期から矯正を始めることで成長を利用した理想的な歯列に導いていくことが可能と考えられます。

①ご自宅でのケア→お子様自身のお口の中のケア習慣化

②当院でのサポート→虫歯リスク検査 クリーニングでお口の中の汚れの除去と予防処置 

          歯並びを悪くする原因の除去と小児矯正治療


#歯科 #小児矯正 #小児歯科 #成長 #虫歯 #歯周病 #歯科医院 #ホームケア

#乳歯 #歯並び #歯科検診 #かみ合わせ #クリーニング #ブラッシング #虫歯リスク





62回の閲覧0件のコメント