top of page

奥歯のかみ合わせが逆になっている(気になる小児の歯並び)

更新日:1月14日

はじめに


正しいかみ合わせはしっかり咬んだ時に上の歯列が下の歯列よりも外側に位置しています。


上下の奥歯のかみ合わせが逆になっている状態を「交叉咬合」といいます。交叉咬合には両側にあるタイプと、左右のどちらか片側だけにあるタイプがあります。


交叉咬合
前歯・奥歯逆になっている部分がある

歯の生え変わりの時期に奥歯のかみ合わせが逆になっている場合、上下の中心位置が左右どちらかにずれており、下あごが傾いている場合があります。


「左右どちらか片側のみの奥歯が逆のかみ合わせ」は放置しておくと、下あごの傾きも伴っていることが多く、歯の生え変わり期間(10歳〜14歳頃)に下あごがかみ合わせに合わせて成長してしまいます。この場合、あごの骨自体が変形してしまう恐れもあるため、下あごの成長前の歯科矯正治療をお勧めします。


ただし、両側とも奥歯のかみ合わせが逆の場合には難易度が高くなる傾向があるため、大学病院を受診された方が良いと考えられます。


ちなみに、前歯のかみ合わせが逆になっているかみ合わせは2パターンあり、1〜2本の前歯が逆になっている状態を「前歯部交叉咬合(ぜんしぶこうさこうごう)、3本以上連続して逆の状態を「反対咬合」とよびます。


今回はこの奥歯の交叉咬合について詳しく解説します。


▼目次

交叉咬合の原因

幼児〜小学生までの交叉咬合の治療方法

まとめ

参考文献


 

交叉咬合の原因


交叉咬合の原因としては、


1. 「口呼吸」がクセになると口から空気を出し入れするために舌の位置が低くなる→上の歯列に内側の圧(舌)が低下し、頬からの外側からの圧がかかることになるため上の歯列が狭くなります。


口呼吸と低位舌

V字歯列弓の仕組み

2. 指しゃぶりによって指を上下前歯の間に挿入することで「舌の位置が低くなる」、指を吸うことで「頬からの圧力が強くなる」ため上の歯列が狭くなります。

→指しゃぶりについての詳しい内容


口呼吸や指しゃぶりによって狭くなった上の歯列は特徴的な「V字」になります。


3. 「遺伝」によって上あごの成長が思わしくなく上のあごや歯列が狭くなっている。


遺伝が原因で成長不足している場合、上の歯列は放物線の形をしているため、歯並びだけ見るときれいにみえますが、「奥歯だけでなく前歯も逆のかみ合わせになっている」「両側で奥歯が逆のかみ合わせになっている」ことがあります。


幼児〜小学生までの交叉咬合の対策・治療方法


まずは交叉咬合の「原因」の確認と対策を行います。口呼吸であれば鼻呼吸を促すトレーニングを行い、指しゃぶりが原因であれば指しゃぶりの習慣を直すことが大切です。


原因が解決しないまま矯正装置のみで治療を行うと、原因が治療に悪影響を与え続けるため、「治療がうまくいかない」「治療後に歯並びやかみ合わせが後戻りする・歯並びが崩れる」ことが多くなります。


上のあごが狭くなっている状態には、「上のあごの幅を拡大する装置」を使用します。装置の種類として、「クワドヘリックス」「バイオブロック」「急速拡大装置」などがあります。

→矯正装置についてより詳しく知りたい方はこちら


バイオブロック
バイオブロック

 

まとめ


1. 上下の奥歯のかみ合わせが逆になっている状態を交叉咬合という


2. 交叉咬合の原因は「口呼吸」「指しゃぶり」「遺伝」がある。


3. 「口呼吸」「指しゃぶり」が原因の交叉咬合は上あごの歯列がV字になる。


4. 「遺伝」が原因の交叉咬合はきれいな放物線の形をしているが、奥歯だけでなく前歯の噛み合わせも逆になっていることが多い。


5. 交叉咬合の治療は早期に相談し原因を知ることが大切。


6. 原因を取り除いた後に上のあごの幅を拡大する治療方法がある。


 

この記事を書いた人



医療法人社団 統慧会 かわべ歯科 理事長 川邉滋次


 

参考文献


①Profit著, 高田健治訳: 新版プロフィトの現代歯科矯正学. クインテッセンス出版, 東京, 2004.


②河合 聡著, 口腔習癖実践編 アイコンで見える化する口腔機能の問題点. 医歯薬出版株式会社, 東京, 2021.






閲覧数:28回0件のコメント
bottom of page