top of page

奥歯はかんでるのに前歯にすき間が開いている(気になる歯ならび矯正)

はじめに


上下の歯をしっかりかみ合わせた時、奥歯も前歯も上下の歯が接触している状態が理想です。

正常な歯ならびとかみ合わせ
正常な歯ならびとかみ合わせ

しかし、前歯または奥歯にすき間がみられるかみ合わせは「開咬(かいこう)」とよばれ咬合異常の1つとなります。


8020運動「80歳になっても20本以上自分自身の歯を保とう」という言葉を聞いたことがありますか?菊川市でも高齢者の方に向けて、「歯周病や口腔機能の衰え」について8020運動への取り組みがされています。


ここで注目したいところは開咬の方の8020達成者数は0%ということです。これは正常咬合の人と比べて奥歯への負担がかかりやすく、将来歯を失ってしまうリスクが高くなりやすいからと考えられます。


今回はこの開咬というかみ合わせについて原因と対策についてまとめてみました。同じようなかみ合わせで悩んでいる方に参考にしていただけると幸いです。


目次▼

開咬はどんなかみ合わせ?

開咬になってしまう原因は?

舌癖とはどのようなクセ?

舌癖は3種類ある

開咬は発音にも影響します

開咬の治療法は?(子どもの矯正の場合)

お家ではじめる開咬予防方法

まとめ

参考文献


 

開咬はどんなかみ合わせ?


開咬は「オープンバイト」ともいわれ、上下の歯がかみあった状態で、前歯や奥歯のかみあわせ部分にすき間ができる状態です。


開咬は上下の歯の間に異物がはさみこみ、歯が傾くことで部分的に上下の歯の接触が妨害されている状態です。


原因は様々ですが、口腔習癖(お口周りのクセ)との関連が多く、他には「あごの成長発達異常」や「上下歯列の形に異常がある」「内分泌異常」があげられます。


前歯部開咬
前歯部の開咬 

開咬になってしまう原因は?


開咬に関係する口腔習癖は、指しゃぶりや物しゃぶり(おしゃぶりやタオル)、爪をかむ、舌癖(ぜつへき)、唇をかむなどのクセがあります。


また口呼吸や舌小帯の異常によって舌の位置が低位になることで舌が上下の前歯と前歯の間に位置してしまい、開咬になってしまう場合があります。

→指しゃぶりとおしゃぶりについてはこちらの記事を参照してください


舌癖とはどのようなクセ?


舌癖とは上下の歯の間に舌を押し付けるようなクセの総称です。

開咬の原因の中でも、舌癖は発生原因になるだけでなく、開咬になった人が新たに舌突出癖も加わり、症状を悪化させてしまうことがあります。また他のクセよりも目立ちにくく放置されやすい傾向があります。


本来、舌は上あごの前歯の裏の付け根部分にある「スポット」とよばれる丸いふくらみに舌の先がつき、舌全体が口蓋(こうがい)とよばれるお皿のような部分に上がってついている状態です。舌が上あごにおさまっていると上あごを拡大する役割をしてくれます。


舌の先端の位置
舌の先端はスポットにつける

舌の正しい位置
舌の正しい位置

しかし、舌癖があると舌が本来の位置より低くなるので舌が上下前歯の間か下あごにおさまります。上下前歯の間に位置すれば舌を突出させる舌癖が誘発し、下顎の中に位置すれば下顎前歯が拡大されて反対咬合になりやすくなります。


舌による臼歯の圧迫
上下前歯の間に位置した舌 下の奥歯に舌が乗っています

低位舌
下あごの歯並びの中に位置した舌

 

舌癖は3種類ある


1. 舌突出癖(ぜつとっしゅつへき)


舌を無意識のうちに必要な運動以外の位置や方向へ運動させてしまうクセです。上下前歯との間に入るようになると開咬をつくります。


舌突出癖
舌突出癖 上下の前歯の間に入り込んだ状態



2. 弄舌癖(ろうぜつへき)


気になる歯のすき間や歯を舌で触る・動かして遊んでしまうクセです。舌をかむ・吸うもこの行為になります。


3. 飲みこみ方の異常・異常嚥下癖(いじょうえんげへき)


正しい飲み込みは上下の歯が接触し、舌が歯列の後方に位置した状態で行われますが、飲み込み時に舌が突出してしまい、上下の歯と歯の間に舌が挟み込まれ上下の歯が接触しない状態で飲み込みが行われる状態です。

異常嚥下癖
異常嚥下癖

正しい飲み込みと異常嚥下癖は筋肉の使う場所が違うため、かみ合わせや歯並び異常を起こしやすくなります。


開咬は発音にも影響します


舌先を使う音(歯ぐき音サ行タ行ナ行など)の発音時に舌足らずに舌先を挟んでしゃべる音の誤りです。「さしすせそ」のサ行の音が「しゃしぃしゅしぇしょ」の"th"のように聞こえます。開咬の方に多くみられます。


開咬の治療法は?(子どもの矯正の場合)


小児での矯正方法としては、まず開咬の原因について検査を行います。


例えば舌癖の場合、「なぜ舌が低位にいるのか」を分析していきます。今回のケースでは上あごの口蓋という部分にに舌の入るスペースが不足していることがわかったため、上あごをバイオブロックという矯正装置で拡大をし、舌のためのスペースを確保しました。


しかし、舌を上げるためには舌を上げやすい環境と、舌の筋肉の力が必要だったため、マイオブレースと併用しながら、舌を上げる習慣を邪魔する口ポカン(習慣性口呼吸)の対策と舌の筋肉トレーニングをしています。矯正開始から約1年で開咬がほぼ解消されています。

(下の写真を参照してください)


開咬の治療は矯正治療の中でも難易度は高く、小児期に行うのであれば低年齢時から開始することをお勧めします。


オープンバイト
初期診断時 開咬あり 舌の位置は低位

バイオブロック
2ヶ月目 バイオブロックで上あごをひろげます

上下前歯の被蓋の獲得
11ヶ月後 開咬症状は解消 この後も矯正を継続

お家ではじめる開咬予防方法


指しゃぶりや物しゃぶりが4歳をすぎてもやめられない時はスキンシップを増やしながら

他の手遊びや全身の遊びに切り替えてあげましょう。


舌を正しい位置に置くためには口ポカンや口呼吸の対策をはじめにやってみましょう、口呼吸の場合扁桃腺の異常などが原因のことがありますのでなかなか改善されない場合は耳鼻科

に相談してみましょう。


 

まとめ


1. 開咬は上下の歯がかみあった状態で、前歯や奥歯のかみあわせ部分に隙間ができる状態。


2. 開咬に関係する口腔習癖は、指しゃぶりや物しゃぶり(おしゃぶりやタオル)、爪をかむ、舌癖(ぜつへき)、唇をかむなどがある。


3. 舌癖とは上下の歯の間に舌を押し付けるようなクセの総称です。


4. 舌癖には舌突出癖・弄舌癖・異常嚥下癖がある。


5. 小児期の開咬の矯正治療方法があるが年齢によって難易度が変わる。


 

この記事を書いた人



医療法人社団 統慧会 かわべ歯科 理事長 川邉滋次


今回は歯列不正の1つ開咬について取り上げてみました。お口のなかのクセは言葉だけではなかなかお伝えできないため、今回は写真を多く使用してみました。もしこの歯並びについて知りたいというリクエストがあればコメント欄やお問い合わせにお願いします。


 

参考文献


①John Mew 著, 日本フェイシャルオーソトロピクス研究会 訳, 北總征男 監訳,The Cause and Cure of Malocclusion 不正咬合の原因と治療. 東京臨床出版株式会社, 128-129, 2017.


②公益社団法人 日本小児歯科学会. 小児歯科学専門用語集 第2版, 医歯薬出版株式会社, 2020.


③河合 聡.口腔習癖 見逃してはいけない小児期のサイン. 医歯薬出版株式会社, 20-46, 2019.


閲覧数:151回0件のコメント
bottom of page