top of page

乳歯の間にすき間がなければ歯ならび異常のサイン?

はじめに


乳歯は生まれてから8ヶ月くらいで下あごの前歯が生え始め、3歳くらいまでに20本の乳歯が生えそろいます。永久歯が生え変わるまでの乳歯だけの歯列を乳歯列とよびます。


この乳歯列期でも開咬、反対咬合、交叉咬合(こうさこうごう)、過蓋咬合(かがいこうごう)などの歯ならび・かみ合わせ異常はみられます。

→開咬についての詳しく知りたい方はこちら

→交叉咬合についての詳細はこちら

→過蓋咬合について気になる方はこちら


しかし、「一見悪い歯ならびに見えないが将来歯ならび異常を起こす恐れの高い歯ならび」があります。


この歯ならびを説明する前に1つ質問をさせていただきます。

以下の「AとBの2つの画像」どちらが良い歯並びだと思いますか?



隙間がない乳歯列
A 乳歯がきっちりとすき間なく並んでいる

各所に隙間のある乳歯列
B 乳歯の前歯部分にすき間がある

Aの画像は重なりは若干ありますが歯と歯の間にはすき間がなくきっちりと並んでいます。

Bの画像は歯と歯の間に少しすき間があります。


一見Aの写真の方が歯並びが良く見え、Bはすき間があるため食事の際に歯に食べ物がはさまりそうという意見もあるでしょう。


歯科の観点からお答えすると、Bの画像が良い歯ならびです。乳歯列ではすき間がある方が良い歯並びと考えられています。では、なぜ乳歯列はすき間がある方がいいのでしょうか?


今回は乳歯の「すき間についての解説」と「すき間が無いことによるデメリット」についてまとめてみました。


▼目次

乳歯の歯並びにはすき間がある

2種類の空隙には永久歯の生え変わりの時に役割がある

すき間のない乳歯列はどのようなデメリットがあるの?

すき間のない乳歯列の歯科矯正治療

まとめ

参考文献


 

乳歯の歯並びにはすき間がある


永久歯の歯並びであれば、すき間が存在すると歯並び異常ですが、乳歯列は歯と歯の間にすき間があることが正常です。


霊長空隙と発育空隙

これは歯科関係の教科書などにも記載されており、「霊長空隙(れいちょうくうげき)」と「発育空隙(はついくくうげき)」とよばれています。ちなみに霊長空隙や発育空隙のない先ほどのAの画像のような歯並びを閉鎖歯列弓(へいさしれつきゅう)とよびます。


霊長空隙は犬歯とよばれる、尖った歯の周りにできるすき間です。

発育空隙は「霊長空隙以外のすき間」という定義ですが、奥歯のすき間はほとんどみられないため、主に前歯のすき間を指しています。


2種類の空隙には永久歯の生え変わりの時に役割がある


この霊長空隙や発育空隙は、永久歯が生えてくる時に大事な役割を持っています。


以下の画像では透明な模型で、乳歯の根の先付近から今後生えてくる永久歯を確認することができます。


乳歯と永久歯の幅
乳歯の根本部分に永久歯がみえている

上の乳前歯とよばれる中央の乳歯は6歳〜8歳頃に抜けます。乳前歯が抜けると、その部分から永久歯が生えてきます。

→乳歯から永久歯の生え変わり時期についての詳細


乳歯と永久歯、同じ部位の前歯の大きさを比べてみると、永久歯は乳歯よりも横幅が大きいです。前歯については乳歯の幅だけで、大人の歯がきれいに生えてくるのは難しいことがわかります。


乳歯と永久歯の大きさの差
乳歯と永久歯の大きさの差

しかし、前歯と前歯の間に適度なすき間がある場合には、大人の歯生えるスペースを確保できます。つまり「霊長空隙と発育空隙」の2種類の空隙は大きな大人の歯のためのスペースだったわけです。


すき間のない乳歯列はどのようなデメリットがあるの?


では乳歯列の時に「歯と歯の間にすき間がない」「乳歯が重なっている」場合は、この先放っておくとどうなるでしょうか?


「永久歯が生えるためのスペースが不足する」ため、

1. 傾いた状態で生えてくる

2. 後ろから重なって生える

3. 永久歯が生えくる時期に遅れが出てしまう

4. 永久歯が生えない状態で埋まっている

など歯の重なりや歯の生える時期の異常などの悪影響が考えられます。


特に乳歯列の時期に乳歯で重なっている場合は、永久歯が生え変わった時の重なりが強くなります。


このすき間がない乳歯列は幼稚園・保育園・認定こども園での歯科検診の際でもチェックする項目はありません。歯ならびやかみ合わせについての項目はありますが、歯の重なりがある場合に指摘されますが、すき間がない状態だけでは正常として扱われることもあります。


すき間のない乳歯列の歯科矯正治療


乳歯列の時期に床矯正装置や急速拡大装置などで拡大装置を使用することは、「奥歯の歯並びが内向きに傾いている」「あごの骨の幅が明らかに狭い」場合を除いては、あまり良い方法とはいえません。


6歳臼歯が生えた時に再度矯正装置を変える場合があるため、幼児や小学生低学年の子どもにとって負担の方が大きいからです。


そのため、原因次第では、筋機能訓練とよばれるお口周りのクセを取り除くためのトレーニングであごの育成をすることが中心となります。


拡大する矯正装置を使用する時期としては、永久歯が生え出してくる時期(6歳前後〜)が適切と考えられます。ただし、歯の重なりが歯科の検査結果で大きいと判断された場合は「2期治療」とよばれる永久歯が生えそろってからの矯正方法をお勧めする場合があります。


 

まとめ


1. 正常な乳歯の前歯の歯並びにはすき間がある。


2. 乳歯のすき間は永久歯を生えさせるためのスペースである。


3. すき間がない乳歯列は将来歯並び異常を起こす恐れがある。


4. すき間がない乳歯の歯並びの時は歯科医院に相談をお勧めします。


 

この記事を書いた人


歯科医師の川邉滋次

医療法人社団 統慧会 かわべ歯科 歯科医師 川邉滋次

 

参考文献


①Proffit著, 高田健治訳: 新版プロフィトの現代歯科矯正学.クインテッセンス出版,2004: 215-219.


②日本小児歯科学会: 日本人の乳歯歯冠並びに乳歯列弓の大きさ 乳歯列咬合状態に関する調査研究. 小児歯科学雑誌, 31(3): 375-388, 1993.

閲覧数:78回0件のコメント
bottom of page