top of page

歯に食べ物が挟まる…その原因と対処をお伝えします。

更新日:2023年8月16日

はじめに


皆さんは食事の時に歯に食べ物が挟まった経験はありますか?繊維質の食べ物やパンなどが歯の間に入ってしまうことはあると思います。


歯の間に食べ物がつまる

ただし、同じ箇所に頻繁に食べ物がつまってしまう場合は何らかの原因が考えられます。そのまま放置すると、歯や歯ぐきに悪影響を与えてしまう恐れがあります。


食べ物が歯の間に押し込まれた状態を「食片圧入(しょくへんあつにゅう)」といいます。食べ物がはさまったままの状態は歯ぐきに炎症を起こし、長期間続くと歯の周りの骨が下がってしまうことがあります。


今回は、食べ物が詰まりやすくなる原因と対策についてまとめてみました。


目次▼

 

食べ物がはさまる原因は?


1. 隣同士の歯の間に隙間が大きい


正常な永久歯列では、歯と歯の間に接触点(コンタクトポイント)と呼ばれる隣同士の歯が接触する部分があります。歯の間にフロスを通した時に少し抵抗を感じることがありますが、そのきつくなっている部分が接触点です。

歯の接触点

隣の歯同士は全体的に接触しているわけではなく、一部分だけが接触しています。接触点以外の空間は、日本の楽器である小鼓のような形状をしており、鼓形空隙(こけいくうげき)と呼ばれています。


鼓形空隙

隣の歯同士がくっついているわけではありませんが、歯と歯の間は密着しているため、食べ物がつまることを予防してくれます。


しかし、歯並びの問題や歯の本数の異常等で、歯と歯の間に隙間ができてしまう場合があります。この場合、食べ物が容易に歯の間に入り込み、つまりやすくなります。


歯間部の隙間は食片圧入を起こしやすい


2. 歯にむし歯がある


全てのむし歯が食べ物を歯の間につまらせる原因ではありません。歯と歯の間の部分にむし歯が発生し、穴が開いて空洞ができると、食べ物がはさまりやすくなります。


時には、外見上はむし歯のない健康そうな歯でも、食べ物が詰まりやすかったり、フロスがよく切れてしまうことがきっかけで、歯の間に存在するむし歯が発見できることもあります。


このような場合は、早期にむし歯の治療を受けることをお勧めします。


3. 被せ物や詰め物に問題がある


被せ物や詰め物が隣の歯と適切に接触していないか、形状に問題がある場合、食べ物が歯の間につまりやすくなることがあります。治療が完了し、普段通りに食事ができると思っていても、食べ物が頻繁に詰まるようなら、治療を受けた歯科医院に相談することをお勧めします。


4. 歯周病が進行している


歯周病の初期段階では、食べ物が歯の間につまることは少ないですが、進行し重度の歯周病になると、歯が揺れ動くことで歯と歯の間に隙間ができやすくなります。


5. 隣同士の歯の高さや位置が異なる


先に説明したように、歯の接触点の位置がずれていると、食べ物が歯の間につまりやすくなることがあります。例えば、隣の歯の高さが異なる、歯が重なっているなど、歯同士が正確に整列していない場合に起こりやすいです。


両隣の歯の高さの違い

歯の重なり

この問題の解決策としては、被せ物や詰め物で形を修正する方法や、歯科矯正治療を受けて歯並びや高さを修正する方法があります。


6, 歯の生え変わり直前で乳歯に揺れがある


幼児や小学生の場合、歯の生え変わりの時期を経験します。永久歯が生え変わる直前には、乳歯が揺れて抜けることがあります。この揺れによって歯と歯の間に隙間ができやすくなり、食べ物が歯の間につまりやすくなります。この問題に対する解決策としては、適切なホームケアの徹底や、揺れている乳歯の抜歯が考えられます。


7. ブリッジの間の歯の空間が大きい


ブリッジは、歯を失った箇所において、両隣の歯を利用して、橋をかけるように被せ物をする方法です。この歯を失った部分にあるダミーの歯を「ポンティック」と呼びます。


歯科ブリッジのポンティック

ポンティックの底の部分は歯茎に合わせて作られますが、形状が不適切であったり、歯ぐきが退縮してしまった場合には、隙間が大きくなり食べ物が入りやすくなります。


解決方法としてはブリッジの交換やホームケアの徹底が考えられます。


食べ物がはさまった時の家庭でしてほしい対処方法


1. デンタルフロス(糸ようじ)


デンタルフロスを使用して歯と歯の間の部分にある食べかすを取り除きます。歯の接触部分がややきつく、ここで力を入れすぎると勢い余って歯ぐきに食い込んでしまう恐れがあるために、優しい力でスライドさせながら挿入してください。


ただ、フロスを上下させても食べかすや汚れは取れることが少ないため、歯の根元までゆっくり入れた後は、歯の面に沿って清掃することをお勧めします。


2. 歯間ブラシ


歯と歯の間部分の空間が大きい場合に使用できます。歯間ブラシを入れたときに痛みがある、入らない場合は、歯間ブラシの適応でないか、歯間ブラシのサイズ選びが間違っている可能性があります。適切な歯間ブラシの大きさと使用方法はかかりつけの歯科医院で相談してください。


3. ウォーターフロス(水圧で汚れを除去する電動器具)


水圧で歯と歯の間の汚れや異物を取り除く電動の歯科清掃器具です。ワイヤーを使用した歯科矯正治療などでデンタルフロスを挿入できない部分や、デンタルフロスや歯間ブラシをうまく使用できない場合もお勧めします。


ウォーターフロス
ウォーターフロス

よくやってしまう間違った対処方法


1. 爪やつまようじで取り出そうとする


爪やつまようじを使ってはさまった食べ物を取ろうとすると、鋭利な部分で歯ぐきを傷つけてしまう場合があります。


つまようじは歯ぐきを傷つける恐れがあります。

2. 歯ぐきにぐいぐいと清掃器具を食い込ませる


デンタルフロスや歯間ブラシを使用しても、なんとか食べかすを取ろうと歯ぐきにぐいぐい食い込ませるような使用方法では、歯ぐきにダメージを与えてしまい、炎症や歯ぐきの下がりの原因になってしまうことがあります。適切に使用して、それでもとることができない場合にはかかりつけの歯科医院に相談することをお勧めします。


 

まとめ


1. 歯の間に食べ物がはさまりやすくなる原因には、「隣同士の歯の間のすき間が大きい」「歯にむし歯がある」「被せ物や詰め物に問題がある」「歯周病が進行している」「隣同士の歯の高さや位置が違う」「歯の生え変わり直前で乳歯に揺れがある」「ブリッジの間の歯の空間が大きい」があります。


2. 食べ物がはさまってしまった場合の家での対処方法としては、デンタルフロス・歯間ブラシ・ウォーターフロスの使用があります。


3. 食べ物がはさまってしまった場合、間違った対処法として、爪やつまようじの使用、歯ぐきにぐいぐいと清掃器具を食い込ませることがあります。


 

この記事を書いた人



かわべ歯科歯科衛生士

かわべ歯科 歯科衛生士スタッフ


幼児の場合、食べ物以外でも異物が挟まることがあり、その状態に本人が気づかずにいることがあります。毎日の仕上げ磨きで親御さんが気付くことも多いため、毎日の仕上げ磨きはしてあげてください。


 

参考文献


1. 澤熊文平. "食片圧入に伴う歯周組織の変化と歯間離開状態との関連性に関する実験病理学的研究." 福岡歯科大学学会雑誌 31.2 (2004): 71-92.


2. 江澤庸博, 箭本玲奈, and 江澤眞恵. "コンタクトエリアと歯周治療についての再考." 日本歯周病学会会誌 64.3 (2022): 98-102.


 

English Version


Introduction


Have you ever had food get stuck in your teeth when eating? Fibrous foods, bread, etc. can get stuck between the teeth.


However, if food frequently gets stuck in the same spot, there may be a cause. If left unchecked, it can have a negative impact on your teeth and gums.


When food is pushed between the teeth, it is called "food fragment intrusion. Food that remains stuck can cause inflammation of the gums, and if it continues for a long period of time, the bone around the teeth can drop.


In this article, we summarize the causes of and countermeasures against food becoming stuck.


What causes food to get stuck?


1. Large gap between adjacent teeth


In a normal permanent dentition, there is an area between teeth where adjacent teeth contact each other, called the contact point. You may feel a little resistance when you floss between the teeth, and that tightened area is the contact point.


The adjacent teeth are not in contact with each other as a whole, but only in part. The space outside of the contact point is shaped like a small drum, which is a Japanese musical instrument, and is called a hourglass gap.


Although the adjacent teeth are not attached to each other, they are in close contact with each other, preventing food from getting stuck.


However, gaps may form between teeth due to problems with the alignment of teeth or an abnormal number of teeth. In this case, food can easily get stuck between the teeth.


2. Carious teeth


Not all carious teeth cause food to get stuck between the teeth. When a carious tooth develops in the area between the teeth and creates a hole or cavity, food can easily get stuck.


Occasionally, a tooth that appears healthy and free of carious teeth may be found to have carious teeth between the teeth because it is easy for food to get stuck or because the floss often breaks off.


In such cases, early treatment of carious teeth is recommended.


3. Problems with a tooth covering or a filling.


If a covering or filling is not in proper contact with the adjacent teeth or has a problem with its shape, food may easily become lodged between the teeth. Even if you think you can eat as usual after treatment is complete, if food frequently gets stuck, it is recommended that you consult the dentist where you received treatment.


4. Advanced periodontal disease


In the early stages of gum disease, food rarely gets stuck between the teeth, but as the disease progresses and becomes more severe, the teeth tend to shake and move, creating gaps between the teeth.


5. Different height and position of adjacent teeth


As explained earlier, if the contact points of the teeth are misaligned, food can easily become lodged between the teeth. This is more likely to occur when the teeth are not aligned correctly with each other, for example, when adjacent teeth are of different heights or overlap each other.


The solution to this problem is to correct the shape with a cap or filling, or undergo orthodontic treatment to correct the alignment and height of the teeth.


6. Baby teeth are shaking just before tooth eruption.


Infants and elementary school children experience a period of tooth replacement. Just before the permanent teeth come in, the baby teeth may shake and fall out. This shaking tends to create gaps between the teeth, and food can easily get stuck between the teeth. The solution to this problem is to ensure proper home care and to remove the shaken baby teeth.


7. Large tooth space between bridges


A bridge is a method of covering a missing tooth by using the teeth on both sides to form a bridge over the missing tooth. The dummy tooth in this missing tooth area is called a "Pontic".


The bottom of the pontic is made to fit the gums, but if the shape is improper or the gums have receded, the gap can become too large and food can easily enter.


Solutions may include replacing the bridge and thorough home care.


What to do at home when food gets stuck


1. Dental floss


Use dental floss to remove food debris from between the teeth. The contact area between the teeth is rather tight, and too much force may cause the floss to bite into the gums, so use gentle sliding action.


However, since little food debris or stains can be removed by moving the floss up and down, we recommend that you clean along the tooth surface after slowly inserting it to the root of the teeth.


2. Interdental brush


Interdental brushes can be used when the space between teeth is large. If there is pain when inserting the interdental brush, or if it does not fit, the interdental brush is not indicated or the size of the interdental brush may have been selected incorrectly. Please consult your dentist for the appropriate interdental brush size and usage.


3. Water floss (an electric device that uses water pressure to remove stains)


This is an electric dental cleaning device that uses water pressure to remove stains and foreign objects between teeth. It is also recommended for areas where dental floss cannot be inserted due to orthodontic treatment using wires, or when dental floss or interdental brushes cannot be used successfully.


Commonly done wrong ways to deal with the problem


1. Trying to remove it with fingernails or toothpicks


Trying to remove stuck food with fingernails or toothpicks may damage the gums with the sharp edges.


2. Biting into the gums with a gnawing cleaning instrument


Even if you use dental floss or an interdental brush, if you try to remove food debris by biting into your gums, you may damage your gums, causing inflammation and gum recession. We recommend that you use them appropriately, and if you still cannot remove them, consult your dentist.


閲覧数:708回0件のコメント
bottom of page